【通信講座】saraスクール音楽療法の特徴・口コミ・評判

特徴

■SARAの音楽療法資格講座は、1日30分の学習で、最短2ヶ月で資格を取得することができます!

SARAの音楽療法資格講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なく音楽療法資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースで音楽療法資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月で音楽療法資格を取得することもできます。

SARAの音楽療法資格講座の教材は、初心者もわかりやすいオリジナルの教材です!

SARAの音楽療法資格講座の教材は、初心者でも理解しやすいSARAオリジナルの教材です。テキストで基礎知識を学び、学習の定着度を確認できる練習問題や添削課題にチャレンジできます。音楽療法資格試験対策もカバーしています。

プラチナコースで「メンタル心理ミュージックアドバイザー」「音楽療法インストラクター」の両方の資格を確実に取得できます!

本講座は、日本メディカル心理セラピー協会主催の「メンタル心理ミュージックアドバイザー」、日本インストラクター技術協会主催の「音楽療法インストラクター」の2資格に対応しています。 プラチナコースを選択すれば、卒業試験の課題を提出することで、卒業時の試験が免除されます。つまり、カリキュラムを終えれば、2つの資格を100%取得することができるのです。

音楽セラピスト 基本コース
音楽療法資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

 

音楽セラピストプラチナコース
音楽療法資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

関連記事:【通信講座】SARAスクールは悪評?口コミ・評判を徹底調査!

口コミ・評判

口コミ

(20代・女性)

受講のご感想

とても分かりやすいテキストでした。練習問題や模擬試験など、段階的に上手く知識を定着させることが出来たと思います。

スクールを選ばれた決め手は何でしたか?

通信教育のポータルサイトで3冠を獲得されていたこと、初心者でも始められること、プラチナコースで資格取得が保証されていることに魅力を感じました。

スクールへのご要望・ご意見

いつでも講師がサポートに回って下さるのは心強かったです。ありがとうございました。

学ぼうと思われたきっかけを教えてください。

前まえから歌うことが大好きで密かに音楽療法士に興味を抱いていたりしたのですが、他の楽器が出来ないということでハードルが高く感じていました。
この講座の内容を見たときに、音楽と心理の関連を学べるということで、同じく心理学も関心があるので、勉強してみたいと一気に心を掴まれました。

今後の目標・夢など

まだ考え中なのですが、今介護や保育など人と関わる分野にも幅広く関心を持っているので、その中や、日常生活でもアドバイスをして周りの人の心を少しでも軽く出来るよう働きかけられたらと思っています。


(40歳・女性)

受講のご感想

難病センターで音楽療法を開催していることは知っていましたが実際、どのようなことをするのかなど全然分かっていませんでした。正直、テキストを全部読む前に億劫になってしまうのでは…と思いましたが、そのようなことは無く先を読みたくなりました。そして、少しずつ音楽療法がどのような効果があるのか、どのようなことをするのかなど分かっていくにつれて頑張りたいと思うようになりました。添削課題を提出した時も、優しく丁寧に一言を書いて頂けて頑張ろう!!という気持ちになりました。コースを終えることができ、自分の行動できる範囲が広がったと思いました。

スクールを選ばれた決め手は何でしたか?

いろいろな所の資料を取り寄せて見比べていましたが受講の説明などがとても分かりやすく書かれていたのと女性にもとても人気があるということでSARAスクールを選ばせていただきました。

学ぼうと思われたきっかけを教えてください。

私は7年前に難病になりました。それまではずっと介護の仕事をしていましたがそれもできなくなってしまいました。難病センターの代表理事さんが同じ病気でいろいろ相談に乗ってもらい、難病センターの敷地内にある就労支援事業所に通所するようになりました。 同じく通所している方で音楽療法に参加している方がいてお話を聞いて興味を持ちました。 身体全体を使っての仕事に就くことは無理ですが音楽などを通して、病気などで辛い思いをしている方々や心に苦しみなどがある方々に少しでも役に立つことができたらと思い学びたいと思いました。

今後の目標・夢など

就労支援事業所の施設長さんに資格が取れたことを報告しました。 その後、面談があり難病センターで音楽療法を開催する時に見学やお勉強をさせて頂けるようにお話をして下さり早い時期にお勉強できるようになりそうです。いろいろサポートもして下さるとの事で先生に付いてしっかりお勉強をして難病センターや病院や施設などでお仕事ができたらと思っています。

引用元:sara公式サイト

音楽療法で期待できる効果

音楽療法は、音楽のリラックス効果や気分向上効果などを利用して、その人がより良い生活が送れるようにサポートするアプローチ方法です。音楽療法を行うことによって、健康の維持、心身の機能回復、生活の質の向上、問題行動の改善などの効果が期待できるといわれています。

音楽療法の働き

音楽療法は、対象者が音楽を学ぶことを目的としているわけではありません。一般社団法人日本音楽療法学会の定義では、音楽療法の働きはおもに「生理的働き」「社会的働き」「心理的働き」の3つに分けられます。

生理的働き
生理的働きとは、音楽によってリラックスしたり、興奮したりする状態にする働きのことです。
社会的働き
社会的働きとは、音楽によって言葉や表情、身振りといったコミュニケーション手段を引き出し、人間関係づくりを促す働きのことをいいます。
心理的働き
心理的働きとは、音楽によってストレスや不安を軽減する働きのことをいいます。

音楽療法のアプローチ方法

音楽療法を行う対象者の人数によっても、アプローチ方法は変わります。対象者とマンツーマンで行う個人音楽療法では、一人ひとりの状況に合わせたきめ細かいケアが可能です。また、数人から数十人のグループで行う集団音楽療法では、周囲といっしょに合唱や演奏を行うことで安心感が強まったり、協調性を引き出したりする効果が期待できます。

音楽療法の資格保有者の活躍先

医療施設で音楽療法の知識を活かす

病院やリハビリテーション施設などの医療機関で、音楽療法が取り入れられるシーンも増えてきました。しかし、日本ではまだ音楽療法の専門的なスキルを持つ人は少なく、看護師などが兼任で音楽療法のプログラムを担当するケースが多くあります。そのため、音楽療法の有資格者であれば、専門知識を存分に活かすことができるでしょう。

介護施設で心と体のケアを行う

高齢者施設や地域包括支援センター、デイケアなどの福祉施設では、音楽療法を取り入れたリハビリテーションが数多く実施されています。感性に問いかける音楽療法は、認知症の人にも良い刺激になるといわれています。資格を活かして対象者に合わせたメニューを考えるほか、音楽に合わせた体操など、専門的な指導を行うこともできます。

子供の発達をサポートする

音楽療法は、発達障害や学習障害、知的障害、自閉症などにも効果が期待できるといわれています。非言語表現である音楽は子供にとって親しみやすく、受け入れやすいものです。療育の一環として音楽を取り入れることで、子供たちのサポートとケアにつなげることができます。

フリーランスとして独立する

音楽療法の需要は年々高まっており、障害者福祉施設や児童発達支援施設、ホスピスなどでも導入されるようになりました。資格を活かし、経験とスキルを磨いてフリーランスとして独立すれば、複数の施設で音楽療法に携わることも可能です。

【SARAスクールジャパン】

最新情報をチェックしよう!