最先端の美容&健康に関する情報をお届け

恋愛中の友達との付き合い方

異性と恋愛をしていると、自分の時間をついつい異性に費やして、同性の友達と疎遠になる事はないですか?

自分のSNSの投稿が、友達と遊んだ時のものよりも彼氏(彼女)とのデートの投稿の方が最近多くなってきた、と感じる人は要注意です。

恋人がいれば十分という考えで過ごすと、生きづらくなる可能性があります。
なぜなら、人間関係において同性の友達が多く、同性からの受けが良いに越した事はないからです。

その理由を説明していきます。

同性の友達との関係で、自身を客観視する事ができる。

異性と付き合っていると、相手から嫌われたくないという思いから、ついつい相手のペースに合わせてしまう事があると思います。

このような自分を見失っている状態の時は、世間から「いたい」と思われるような行動を、知らぬ内に取っている可能性が高いです。

その時、同性の友達の存在が重要です。「何やってるの?あなたらしくないよ」と忠告してくれる事で、自分を客観視する事ができます。

 

同性からの受けの良さは、異性との関係でも良い影響を及ぼす

 

学校や職場内で、恋人がいるとします。恋人は自分と接している時以外も、意外と自分を意識しているものなので、油断してはいけません。

ふと見ると、恋人が同性の輪に入れず1人でいたり、異性の友人から、恋人の陰口を聞く。

このような事は二人の関係に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

しかし逆に、恋人が同性と楽しく話している姿を見たり、異性の友人から恋人を褒められた。
この様なことは二人の関係をより良好にしてくれるに違いありません。

よって、同性からの受けの良さは、異性との関係でも良い影響を及ぼすのです。

 

恋人と別れたら、同性の友達が一番慰めてくれる。

 

同性の友達から元恋人の悪口をボロクソに言ってもらう事で、笑って未練を振り切る事は、次の恋愛に進む手助けになります。

さらに、失恋の傷を癒す特効薬とは新しい恋愛をする事であるとよく聞きますが、

その前に、良い異性を紹介してくれる友達が必要不可欠です。

前述した同性からの受けの良さも、異性の紹介に大いに影響を及ぼすので、

普段から同性との付き合いの良さは重要である事が分かります。

 

まとめ

 

家で思い出の品に囲まれながら、失恋曲を聴いて過ごす時間も趣深いですが、

いざ他人に慰めてもらおうとして、誰も頼れる人がいないのは悲しすぎます。

恋人とばかり遊びすぎず、同性の友人との関係も大事にしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG